2019年08月09日

チャッピー

大切な写真のデータを失くされて唯一残された写真で制作を依頼されました。
その写真は広い画角の隅に半身が見切れているものでした。
その部分を切り出して拡大すると画質が荒く鮮明ではありませんでしたが、
優しい顔立ちは見て取れたので、想像を膨らませながら制作しました。

291.jpg

四本の足先が白くソックスを履いているいるような容姿がチャームポイントなので、
足先まで描いてほしいとのご希望の為、
レイアウトが縦に細長くなってしまいます。
それに、腰から先が切れているので余白が不自然に・・・。
そこで、縦にレース柄のシールを貼って体の切れている部分を補いました。


292.jpg

前に出ている前足を実際より少し大きく描く事で、
前に歩き出しているように見えるようにしました。




虹の橋を渡って行ってしまった家族を側に感じていただけますように。
















posted by ナナマル at 16:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | 図画・工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。